1年間やってわかった化学実験あるある10選

 

大学のテスト期間が終わり春休みに入りました!1年とは本当に短いものですね…。

つい最近入学したばかりだと思っていたのに…。

ということで今回は化学実験あるあるをまとめてみようと思います!

これから化学系の学科に行きたいなと思っている人の参考になればよいです!

 

 

①レポートはめんどい

 

実験とレポートは表裏一体。実験があればレポートがある、レポートがあるということは実験があったということです。これは理系の宿命なのです…。

これがまたとにかくめんどくさい。

 

考察って何書けばいいの?

っていうかこの単語図書館の参考文献に載ってないんですけど!

原理って書かなきゃいけないですか?

もう適当に書いてやる!

 

と思うこと間違いなし!(僕は実際思ってます笑)

 

 

②初回の実験は慎重になりすぎる

 

普通の高校生は実験なんてしょっちゅうやりません。なのでもちろん初めの実験はみな戸惑います。なので

 

試薬の量は正しいか?

入れる順番は間違っていないか?

ノートにしっかりメモを取ったか?

 

などを慎重に慎重にやることになります。結果、実験が終わるころには外が真っ暗…なんてことも。(ちなみに僕のはじめての実験が終わったのは夜8時)

 

 

③有機系の実験は臭い

 

臭い!ほんっとに臭い!試薬がノートにかかってしまったものならもう異臭からは逃れられません。僕は試薬がかかったのにも関わらず適当にカバンにしまったため、カバンにもにおいがついてしまいました。(まあ、有機とはいえ使う試薬にもよりますが)

 

 

④無機の定性分析は楽しい

 

有機が臭い一方、無機は楽しいです!なぜなら色が変わるから!試薬を入れて少し振とうするだけで色が変わるので見ていて楽しいです!

 

 

⑤滴定はムズイ

 

受験の時も滴定の問題ってありましたよね?しかも意外と簡単なものが多いです。しかし、実際にやってみるとこれがまた難しい。ほんとに一滴多く入れすぎるだけでやり直しになってしまいます。また実験のうまい下手が分かれてしまうのも滴定実験です。なぜか滴定がうまい人はどの実験も手際が良いです。

 

 

フェノールフタレインを入れ忘れる

 

滴定をしているときです。

 

なんか色変わるの遅いな~。

 

は!!!

フェノールフタレイン入れたっけ?

 

そして急いでフェノールフタレインを入れると…。

 

真っ赤に染まってしまった…。

 

ゲームオーバー。

 

こんな感じでフェノールフタレインを入れ忘れたときの焦燥感はものすごいです笑。

 

 

⑦メスフラスコの標線を超えたらやり直し

 

滴定の時には標準溶液というものを作ります。そしてその時に使うのがメスフラスコ。

メスフラスコには標線というものがあります。それをめがけて試薬やイオン交換水を加

えるのですが、その線を大きく超えると作り直しなのです。

ああ~もう!って感じです笑。

 

 

⑧安全ピペッターを壊す

 

安全ピペッターをご存知ですか?ホールピペットの上に着けるアレです。安全ピペッタ

ーには液を吸うためのところと吐き出すためのところがあります。

吐き出したいときに吸うためのところを押してしまうと液が安全ピペッターにたまって

しまいます。もしその液が塩酸とかだと安全ピペッターは使えなくなってしまいます。

 

 

⑨相対誤差が異常なほど大きくなる

 

よし、相対誤差を計算すると…

 

なに?103%だと?

 

考察がいっぱいかけるね!

 

 

⑩グラフは書きたくない

 

グラフに結果をプロットするんですけど如何せん

 

目が疲れる。

 

グラフは書きたくないです笑。

 

 

以上、化学実験あるある10選をまとめてみました!

化学系の方々には共感していただけるかなと思います。

また、化学系の学科にいきたい人の参考になればいいなと思います!

商品紹介に騙されない

 

テレビを見ているとよく商品紹介をしています。

 

でもそれって裏を返せば商品紹介をしなければ売れないってことですよね。

 

つまり商品紹介ををしている裏側には

 

 

               商品が売れない

                  ↓

          どうにかして売らなくてはいけない

                  ↓

               商品紹介をする

 

という流れがあると思うのです。

 

そもそも本当にいいものならば売れて当然であるためさかんに商品紹介を行わなくてもよいはず。

 

節約をするためにはこのような商品紹介をみてすぐ買わないことが大切です。

 

僕も気を付けようと思いました。

眠れない時こそ参考書の出番だ

 

寝たいのに眠れない。

 

どれだけ目をつむっても眠れない。

 

試しにYouTubeでも見てみようか。目がさえてもっと眠れない。

 

では小説でも読んでみよう。次は頭がさえてしまった。

 

こんな日ありませんか?

 

このような日にぴったりのものがあります。

 

それが参考書です。

 

もっと言うなら難しい参考書です。

 

やり方は簡単。

 

①眠れないときに参考書を本棚からとってくる

 

②とにかく難しそうなページを開く

 

③理解しようとしてみる

 

④理解不能

 

⑤眠くなる

 

⑥就寝

 

ちなみにこのときの注意点はとにかく難しいものを選ぶことです。超難しい参考書なら何でもOK

 

僕は「よくわかる微分積分概論」というのを睡眠薬にしています。

 

普段勉強するときは「なにがよくわかるだ!まったくわかんねーよwww」と思いながら見ていますが、こういう時には役に立ちます。

 

ぜひお試しあれ

フードがある理由(個人的見解)

 

フードはご存知でしょうか。パーカーについているアレです。僕自身ユニクロの紺のパーカーをよく着ています。

 

しかし、なぜフードがついているのか。よくよく考えてみると、雨の日以外アレをかぶっている人はいません。もし晴れの日にかぶっていようものなら怪しい人だと思われます。夜フードをかぶっている人に会ってら怖いです。

 

ということでフードがある理由を考えてみました。

 

 

結論

 

    体格をよく見せるため

 

 

フードがついているのは首の後ろです。僕はこの位置に注目しました。この位置にあることで背中のあたりを隠すことができます。このことより、背中の筋肉の少なさを隠せます。体が細い人は背中の肉付きも薄いです。そして、世の中には細いことが恥ずかしいという人もいるそうです。言われてみれば、細い人がパーカーとかを着ているとちょうどよく見えますね。

 

 

ということで今回はフードがある理由を考えてみました。

電車の優先席付近のつり革が黄色の理由(個人的見解)

 

電車に乗っているとき気づいたのですが、普通のつり革が青色なのに対し、優先席付近のつり革は黄色なんです。なにか理由があるはずだと思って考えました。そして、僕なりに一つの結論を導きました(個人的見解)。

 

 

それは…

 

 

  優先席を譲るよう勧告するため

 

 

です。

 

まず、優先席がどのような席であるのか。優先席は老人や妊婦さんや身体に障害がある人のための席です。だから健全な人は座るのを控えてほしいわけですよね。でも実際は健全な人も座っています。これは普通のことだと思います。あくまで優先席であるので、対象の人がいなければ座っていいからです。ただここで問題となるのは対象者がいるのに健常者が優先席に座っているという状況です。せっかく優先席を設けてもこれでは効果を発揮しません。どうにかして健常者が対象者に席を譲るよう促さなければなりません。ここで効果を発揮するのが黄色いつり革です。黄色というのは心理的には注意を促す作用があります。信号の黄色などもこの効果を狙っているのでしょう。また、優先席付近と普通の席のつり革の色を変えるだけでも優先席を際立たせることができます。

 

座っている人が自分が優先席に座っていると意識させるのには良い方法だなと思いました。

パーカーの紐の使い方サバイバル説

 

パーカーについている紐はご飯を食べているときは味噌汁に入るし、手を洗う時は濡れる。なんであるのかがわかりませんでした。

 

そこで今回その使い道を思いつきました。

 

それは、サバイバルです。

 

サバイバルには紐が必要不可欠です。

 

脱出用のいかだを組むときや、火をおこすとき、釣り竿などに使います。

 

しかしさすがにいかだを組むことはできないだろうと僕も思いました。

 

そこで、とりあえず僕の持っているパーカーの紐の長さを測ってみました。

 

なんと93センチメートルありました。約一メートル。

 

1メートルではいかだは組めません。

 

しかし、仲間が何人もいたら…。そう、10人いれば約10メートル。20人いれば20メートルもの長さになります。これくらいあればなんとかなりそうです。

 

 

結論

 

パーカーの紐はサバイバルに使えそうである。

 

遭難した時に備えて常に紐付きのパーカーを着よう!(そのとき人数が多ければ多いほど良い)

パーカーについてる紐はいらないだろ!

 

パーカーについてる紐ってわかりますか?

 

 

首周りのきつさを調整するためのアレです。

 

 

でも正直言って

 

 

   アレ、いらなくないですか?

 

 

味噌汁を飲もうとすると器の中に入って汚れてしまうし、洗面所で手を洗う時も濡れてしまうし。

 

 

そのうえ首周りをきつくすることってありますか?

 

 

僕はありません。

 

 

あの紐はなんであるのか不思議です。

 

 

有用な使い方を探してみたいなと思います。