10代の人にぜひ読んでほしい本"6TEEN"(石田衣良著 新潮文庫)

今回は、僕がかなり影響を受けたと思える本、"6TEEN"を紹介したいと思います。僕がこの本を読んだのは確か中学生のころだったと思います。しかし、とても心に残る本で、今でも読み返しているので紹介しようと思いました。ちなみに僕はこの本を読んで初めて”本を読んで泣く”ということを経験しました。

 

 

 

この本の主人公は16歳の高校生4人。そして、この4人によって高校生の悩み、苦悩がリアルに描かれています。

将来はどうなるのか?自分の場所はあるのか?死んだらどうなるのか?などについて4人が悩み、そして考えます。

 

 

 

僕が最も心動かされたのは、”16歳の別れ”というこの本最後の章です。

 

 

 

題名から想像できるかもしれませんが、この章では主人公4人にとっての友達が一人亡くなってしまいます。同じ16歳の友人がです。友人の早すぎた死を目の当たりにした4人は、死についていろいろ考えます。

 

 

主人公4人と同じように、当時中学生だった僕は死について考えました。

 

16歳でも死んでしまう人がいるんだ。

死んだらどうなるんだろう。

まだ死にたくないな…。

こんなことを考えていましたね。

 

そして、いろいろ考えた結果、人の命は有限だということ強く思いました。さすがに僕らの世代(10代)だと、まだ死を遠くのことと考えてしまいがちです。でも実際はいつ死ぬかわかりません。もしかしたら明日、事故にあってしまうかもしれない。5年後に重い病気にかかってしまうかもしれない。未来のことは誰にもわかりません。でも、ひとつ確かなのが、いつかは死んでしまうということなのです。こういうところに死の恐怖がありますよね。

 

 

いつ死ぬかわからないけど最後は死ぬ。やっぱいつ向き合ってみても死というのは怖いです。でも、10代のうちに死について考えるのは悪いことではないと思います。

 

 

この本を読んだとき、僕が

          

         

          いつ死んでも後悔しないように生きよう

 

 

と強く思ったことを覚えています。

 

 

 

今、当然死ぬことを余儀なくされたら何を一番後悔するでしょう?

 

 

 

ここで、一番初めに思いついたことを今真っ先にすべきことでしょう。

 

 

 

 

後悔がないように生きていきましょう!

 

 

 

 

以上、10代の人にぜひ読んでほしい本"6TEEN" でした!

ぼっちがつらいという人に伝えたいこと

今回は”ぼっち”がつらいという人のために書いていきたい思います。

 

 

世間では、ぼっちはみじめだとか、かわいそうなやつとか思われていると思います。

 

 

ですが、僕はそう思いません。

 

 

なぜなら、僕自身一人でいることが多いからです。僕自身は自分がみじめなんて思っていません。

 

 

ぼっちはとても快適なんです。

 

 

他人に気を使う必要もないし、自分がやりたいようにできるからです。

 

 

でも、ぼっちがつらいという人もいると思います。

 

 

でも、よく考えてみてください。

 

 

本当にぼっちであることがつらいのですか?

 

 

僕が考えるに、ぼっちであることがつらいのではありません。

 

 

ぼっちはみじめだ、かわいそうなやつだという認識、概念があることがつらいんです。

 

 

だってそうではありませんか?

 

 

ぼっちが当たり前の世の中だったら、みんなつらいとは思わないはずです。極論を言ってしまえば、この世に自分しかいなければ孤独とか思わないでしょう。

 

 

また、これも僕の私見ですがぼっちの人はそもそも一人が好きなんだと思います。

 

 

前提として、僕がまずそうです。あと、僕もたまにはたくさんの人といてみたいな、なんて思うことがあるのですが、そういうところに行ったあとは大体疲れます。

 

 

無意識のうちに、自分が心地よいと思う生き方をしているのです。

 

 

だから、ぼっちがつらいという人、自信を持ってください。

 

 

もし、これを読んでくださっている方が中学生や高校生ならば、他の人がくだらない会話をしているうちに勉強してぶっちぎってやりましょう。また、趣味に没頭してもよいでしょう。

 

 

ぼっちはみじめなんかじゃ決してありません。ぼっちがみじめだなどという概念に惑わされてはいけません。

 

 

ぜひ、自信をもって自分自身の時間を有意義に使っていただきたいと思います。

 

 

以上、ぼっちがつらいという人に伝えたいこと、でした。

本を読むのにオススメな時間

 

こんにちは!ganjinです!

 

 

ところで、皆さんはどんな時間に本を読んでいますか?

 

 

本を読む時間って人によってそれぞれ違いますよね。

 

 

ここで今回は、僕がよく本を読んでいる時間を紹介したいと思います!

 

 

本を読む時間がないという人も、こんな時間にも読めるんだ!と参考にしていただけるとありがたいです!

 

 

①寝る前

 

 

さあ寝よう!って思ってもなかなか寝付けない…ってことありますよね?そんな時は読書しましょう!寝る前というのは個人的には一番リラックスして本を読める時間帯だと思います。夕食をだいぶ消化できてお風呂に入った後の時間帯だからです。僕自身、この時間帯に読むことが多いです。また、読書自体が気を落ち着ける効果があると思うので、寝る前というのはいい時間帯なんじゃないかと思ってます。

 

 

②バス・電車を待っている時間

 

 

電車やバスが来るまであと五分。とても中途半端な時間ですね。こんな時にも読書しましょう。ただボーっと立っているよりも良い時間になりますよ!(あわただしくなってしまうのは確かですが…)

 

 

③退屈で暇な授業中

 

 

これは主に中、高、大学生向けですね。暇で退屈な授業ってありませんか?僕にとって高校生の時は情報の授業や日本史の授業。今現在では微積の授業なんかがそうですね。皆さんはこんなときどうしてますか?暇な授業だと寝てしまう人やただボーっとしてしまう人が多いんですよね。でもこの時間とてももったいなくないですか?どうせ寝るんなら読書しましょう(笑)。しかも授業中は先生が何かしらしゃべっているので静かすぎず、うるさすぎずで絶好の読書タイムです!今現在、僕にとって微積の授業は最高の読書タイムとなっております(笑)。

 

 

④やる気が全くおこらないとき

 

 

やる気でない時ってありますよね?こんな時も読書です!本というのはやる気を引き出すためのきっかけになります。本にはいいことがたくさん書いてあります。本を読んで主人公が頑張っている姿を想像し、自分も頑張らなきゃなと思えることもあると思います。やる気が起きないとき、本を読んでみるのも悪くないと思います。

 

 

以上4つ、僕がよく本を読む時をまとめてみました。もし参考になればとてもうれしい限りです!

 

 

以上、本を読むのにオススメな時間、でした!

同じ本を何度も読むことのススメ

              

             本は一回通りしか読まない

 

 

という人いませんか?

 

 

僕は同じ本を何回も読みます。

 

 

このことをほかの人に話すと結構驚かれます。

 

 

同じ本を何度も読む人って意外と少ないんだなと感じたので、今回は同じ本を何度も読むことのメリットを挙げていきたいと思います!

 

 

①読み落としていた部分に気づける

 

 

一回しか読まないと必ずと言っていいほど読み落としがあります。推理小説なんかだと、先の展開が気になるばかりに読むスピードを上げ、その結果読み落とした部分が出てくるなんてことは多いと思います。そして、その読み落とした部分にいい表現があった…なんてこともあるんですよね。せっかく本を買ったならその本の隅々まで読みたいじゃないですか。

 

 

②違った視点で読むことができる

 

 

一回読んだ本を二回目、三回目と読んでいくうちに最初とは違った観点から読むことができます。例えば、一回目は主人公目線で読み、二回目はそのほかの人目線で読む。ほかには、初めはこう思ってたけど改めて読んでみたら本当はこうなんじゃないか、などという感想を抱くこともできます。同じ本でも見方はたくさんあります。それを自分なりに楽しめるといいのではないでしょうか?

 

 

③感情移入の加減が変わる

 

 

わかりにくいと思うので説明を加えます。例えば、ある男子がいて、中学生の時に失恋がテーマの本を読んだとしましょう。そして高校生になったらその男子に彼女ができました。そして二か月くらいでふられてしまったとしましょう。初めて本を読んだのはまだ失恋を経験していないときです。しかし、この男子がもう一回その本を読んだら、はじめ読んだ時よりももっと深く感情移入ができると思いませんか?

人は生きている間はいろいろな経験をします。そして経験を重ねれば重ねるほど人は変化します。同じ本をもう一回読むのは、変化した自分なのです。

きっと、初めて読んだ時とは違った感想を抱くのではないかと思います。

 

 

 

ここまで、同じ本を何度も読むことのメリットをまとめてみました。ここで再度伝えたいことがあります。

 

 

 

 

同じ本を何度も読むってホントに面白いんですよ!!!

 

 

 

 

一回読んだだけであとはずっと本棚に置いたまんまの本はありませんか?

 

 

もしあるのだったらぜひ!その本を読んでみてください!

 

 

新たな発見があるかもしれませんよ?

 

 

以上、同じ本を何度も読むことのススメ、でした!

やはり会話において聞くことは大切らしい!

 

こんにちは!ganjinです!

 

 

今日、久々に前に紹介した森見登美彦さんの「恋文の技術」を読んだのですがこんなことが書いてありました!

 

 

 

恋をした男は阿保だから、有益なことを言おうとして必ず無益なことを言う。ただ相づちを打ちながら、真面目に耳を傾けること。

(中略)

イルカのコミュニケーション能力に学ぶべし。沈黙は金と心得よ。

 

 

 

なんと森見登美彦さんの恋文の技術にも聞くことの重要性のことが書いてありました!

 

 

やはり下手にいろいろなことを話すよりも聞くことが先決なのです!

 

 

コミュニケーションが苦手な人が、まずは聞き手に回るというのはもはや定石なのですね。

 

 

自分のことが話下手と思っている人!まずは聞き手に回ろう!

 

 

自分への戒めも含めて今日はこの辺で!

 

 

以上、やはり会話において聞くことは大切らしい!でした!

雨の日も楽しんでしまおう!

今日、僕が住んでいる千葉県では雨がかなり降りました。

 

 

そのうえ風がとても強かったため着ていた服やズボンがかなり濡れてしまいました。

 

 

雨の日は今日の僕のように、「服が濡れてしまうから嫌いだ」という人が多いです。

 

 

でも、雨というだけで気分が暗くなってしまうのはとてももったいないことだと思いま

す。

 

 

僕は雨の日が好きです。

 

 

こういうとよく友達や先輩などには「晴れのほうが断然いいよ~」といわれてしまうのですが(笑)。

 

 

雨の日が晴れの日より好きというわけではないのです。

 

 

僕は雨の日が好きというよりは、晴れの日も雨の日も両方好きなんです。

 

 

晴れの日は太陽の光を浴びることができる。

 

 

一方雨の日は雨の降る音を楽しむことができます。

 

 

僕は雨の降る音を聞くとなんだか落ち着けていいんですよ(笑)。

 

 

晴れの日も雨の日も好きになれば毎日を楽しむことができるんです。

 

 

「もし雨というだけで気が重い!」という方がいれば、雨の日は雨の日なりの楽しみ方を見つけてみてください!

 

 

そのほうが毎日天気のことだけでも楽しめるのでお得ですよ!

 

 

以上、雨の日も楽しんでしまおう!でした!

やっぱ就職したくないな~

 

大学構内を歩いていると結構スーツを着た人を見かけるんですよね。

 

 

見たところまだ若そうだから教授ではない。おそらく事務の方でもないだろう…。

 

 

っていうことは…。就活生か…。

 

 

皆お決まりの黒いスーツに黒い鞄に革靴。

 

 

個性っていったい何なんだろうか?

 

 

個人の性格にスーツは関係ないのではないか?

 

 

だってスーツを着ていようがジャージを着ていようが僕は僕に変わりないんだし、他の人もそうだろう。

 

 

スーツを着たとたんに性格も頭の回転も全く変わってしまうなんて人はいないのではないか?(こち亀に出てくる本田さんのような人がいたらそれは別だが…。)

 

 

噂では最近の企業は学歴だけでなくその個人一人一人の性格や個性を見て採用すると聞いている。

 

 

それならみんながスーツを着るならば一人私服で行けばとても目立ってアピールになるし、個人というものを出せるのではないだろうか?

 

 

 

今日改めて僕が大学生であり、早ければ4年後には社会に出なければならないということを思い知った。

 

でもやっぱり就職について前向きになれないな~。

 

今回はある理系大学生のリアルな本音ということで終わりたいと思います(笑)。

 

以上、やっぱ就職したくないな~、でした!